藤田和日郎の傑作 からくりサーカスがTVアニメ化決定!いつやんの?

Pocket

藤田和日郎先生の傑作であるからくりサーカスがアニメ化されるぞ!

2015年にアニメ化されたうしおととらに続き藤田ワールドが動き出すようです。

うしとらも面白いけど、アニメならからくりサーカスの方が絶対映える・・・と思うのでが皆さんどうだろう?

からくりサーカス って面白いの?

もちろん面白い。一度大風呂敷を広げるだけ広げて、忘れたころにしっかり回収する流石の藤田ワールドが楽しめる。

主人公側も敵側も魅力的なキャラクターが多く藤田作品らしく散り際にそのキャラクターの全てが集約されるあの感じ。どんな声があてられるか楽しみです。

43巻と長い作品の為、かなり省かれるのでしょうがドットーレは若本先生でおねがしゃっす。

どこがアニメ化されるのか?何クール?

原作で43巻。8年間連載された作品の為、1クールではとても終わらない。

うしおととらで33巻。2クールに分け1年続けたところを鑑みて

からくりサーカスも2クール編成 でしょう。

ストーリーは大きく分けて、サーカス編とからくり編の2つに分かれてあり、サーカス編では「しろがね」の逃走劇とそこでの生活が描かれ、からくり編では「鳴海」のからくりとの闘いが描かれています。
最後にはからくりサーカス編としてすべての物語がひとつになります。

編成としては序章からサーカス、からくり、からくりサーカス、そして最終章の機械仕掛けの神へと5部編成になっていて、徐々に謎が解き明かされ複数の思惑が一つにまとまっていき、読み終わった後は最高の読後感を味わえます。つーか、まじで漫画一回読むべき。

ボリューム感からすると才賀勝としろがね、鳴海が出会う「序章プロローグ」と勝としろがねの逃走劇である「からくり編」、鳴海とオートマータの戦いが始まるサーカス編・・・までが漫画でも前半だろうと思われるので、この辺まで1クールでやるとすげー省かれるんだろうなぁ・・・と寂しくも楽しみ。

引きも考えると人形・フランシーヌとの戦闘までは絶対やって欲しい。

いつやんの?

まだ告知されてません!

けど、うしとらの挙動を見ると

うしとら アニメ化決定  2015年2月

1クール アニメスタート 2015年7月~

2クール         2016年4月~

2018年の7月頃秋編成で待ってれば間違いないんじゃなかろうか

なんにせよ今年中には「動く自動人形」が見れますね。

誰もが熱くなり涙した、伝説の舞台劇の幕が上がる!

原作を読んだ人ならこれだけで鳥肌じゃね?

もっと言うとこいつ。このピエロだけでも鳥肌がすごい。

最高のメタ演出がアニメでどうなるか。

楽しみでたまらん。

記事下AD



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする