楽して痩せたい!原因を理解して30代から始める男のダイエット

30代になると太る。

20代の頃に、先輩方から嫌になるほど聞いたであろう言葉ですが、いざ30代に差し掛かるとしみじみと実感出来ることでしょう

そして、急に健康に気を使い始めダイエットを決意するものの中途半端で終わり失敗、30代で痩せることの難しさに気づく…なんてことは、あるあるではないでしょうか

このページでは30代から太ってしまう原因、ダイエットをする際にしてはいけない事、自分にあったダイエットの探し方を紹介します

30代に入って急に太り始めた人も、元から太っていて30代に入りやっと危機感を持ち始めた人も、もちろん太っていないけど今の体型を維持したい人も「30代からのダイエット」を正しく理解して理想の身体を手に入れましょう!



30代になると太るのは何故か?

もちろん痩せていてスタイルがいい人もたくさんいるものの、30代のおっさんはビール腹に代表されるようにお腹が出てくる年ごろ。少なくとも20代と比べてみてわかるレベルで体型が崩れてくる人が大多数

まずは、なぜ30代になると太るのか、その原因をしっかり理解しましょう

原因1:30代は基礎代謝が下がる

食べても太らないから、食べなくても太るへ

20代の頃は、お腹いっぱい食べてもたくさんお酒を飲んでも太らなかったのに、30代になるとそうもいかない。

それは年齢を重ねるにつれて基礎代謝(何もしなくても消費されるカロリー量)が下がるからです。
特に20代と30代では100カロリー程度基礎代謝が下がってしまいます。

つまり、20代の頃から何も変わったことをしなくても少しづつ太ってしまうのです。逆に言うと、「何もしなければ」太ってしまうということは維持するだけでもダイエットをする必要があるのです。

基礎代謝は10代後半をピークに、20代に緩やかに下落して行き30代からはより顕著に下がっていき、何もしなければ回復することはありません。

その為、一般的に18歳のピーク時に比べ、30歳になると4~5㎏体重が増加するといわれています。

基礎代謝

 

原因2:運動不足による筋力の低下

そしてゆるキャラへ

30代は人生の節目ともいわれる時期で仕事もプライベートもイベント盛りだくさんで「忙しい」
これまで定期的にスポーツなど運動していた人も忙しさから少しづつ疎遠になってしまう時期ではないでしょうか

慢性的な運動不足から筋力が低下することで、ただでさえ下がった基礎代謝に拍車がかかってしまい「より痩せづらく、より太りやすい」理想的なデブ活環境になってしまいます

みなさん最後に全力疾走したのはいつか思い出せるでしょうか

 

 

原因3:不規則な生活

睡眠不足、運動不足、野菜不足の3冠

運動不足と同じくして、不規則な生活を続けることも太る原因になります

忙しさからカップ麺で昼食を済ませたり、3食コンビニ飯など栄養のバランスが偏った食生活をしていたり、必要な睡眠時間を確保出来てない場合は、食欲をコントロールするホルモン(グレリン・レプチン)のバランスが乱れることで太りやすくなってしまいます

また、現代社会で避けるのは難しいかもしれませんがストレスによる暴食などストレスもダイエットの敵であり、太る原因のひとつです

 

30代のダイエットでやってはいけないこと

暴飲暴食だとかそういうことではなく、やりがちな失敗をしないための大事なこと

 

過度な偏食や食事制限

一生トマトだけ食べ続けるのは嫌だろう?

炭水化物を完全に抜くダイエットや3食すべてダイエット食に置き換える、特定の食品しか食べないダイエットなど過度な食事制限や偏食はダイエットには逆効果である場合があります。

仮に、一時的に痩せてもその食生活を止めたとたんに元に戻ってしまう、リバウンドしてしまうようなダイエットは避けましょう

特定の食品を取り入れるダイエットはたくさんあり、効果が見込めるものも多いですが楽しく続けられる頻度にするようにし、極端な置き換えは逆効果だと理解しましょう

 

 

普段しないような運動

やりたくないことはやらないでいいと思わないか?

ダイエットを始めたからと言って、ジムに週3回通って筋力トレーニングをし、毎日30分ジョギングをする・・・そんな生活は体型維持やダイエットに非常に効果的です。

しかし、本当に続けられるでしょうか?嫌になって途中でやめてしまいませんか?

もちろん、筋力トレーニングやジョギングをはじめて上達する中で楽しくなって続けられる人もいるかもしれませんが、大多数の人は何かのきっかけでやめてしまったり、極端な話止める理由を作ってしまうのが普通の人間です。

 

 

結果をすぐに求めない、無理をしない

1週間で5キロづつ痩せていけば2か月で体重0キロに!

1週間で5キロ痩せる!など魅力的なダイエットがあふれかえっていますが、元の体重にもよりますが1週間で5キロも落ちるのは異常です。

理想的なダイエットのペースは半年で体重の2~3%程度、1か月1~2kg以上のダイエットは脂肪の燃焼ではなく、水分の変化や筋力量の低下によるもので、リバウンドの危険性が高くなります

また、精神的にも短期間で痩せるぞ!という目標に対して達成できないとそこで気分が折れて止めてしまうことにもつながります。

ダイエットの目的には健康的な体作りも含まれていることを思い出しましょう

 

どんなダイエットが自分に最適化を考える

プチ断食ダイエット、〇〇食べるだけダイエットや1日5分〇〇するだけダイエットなど世の中にはダイエット情報があふれかえっています。自分に適したダイエットはどんなものか考えましょう

 

生活に組み込める「置き換え・〇〇を食べる系」のダイエット

朝ごはんの代わりに毎朝バナナを食べる「朝バナナダイエット」をはじめとする置き換えダイエットや、毎日バターコーヒーを飲む「完全無欠コーヒーダイエット」など食生活にプラスアルファすることでダイエット効果がある、と言われるダイエットです。

今では置き換えダイエットの対象食品やプラスアルファする食品は数えきれないほどあります。

ダイエットサプリや酵素ダイエットもこちらの分類

メリット

簡単に始められる。ひとつ飽きてしまっても種類がとにかく豊富なので色々試して自分にあったものを探せる。

複数挫折するうちに結構な長期間ダイエットにトライしている、なんてことも

デメリット

金銭的な負担がある。基本的に同じものをずっと採るので飽きる。食事時間など、生活のサイクルが一定でないと難しい。

向いている人

一般的なサラリーマンなど毎日の食事時間が決まっている人

ダイエットのために特別な時間を割くことができない、嫌な人

 

 

食事方法を変える系のダイエット

週1回水分のみで過ごす「プチ断食・ファスティング」や、食事間隔を8時間あける「8時間ダイエット」など特別な運動や食事はせず、食べる方法や時間を変えることで痩せるダイエット方法

単独で行うものも多いが、〇〇だけ食べる系のダイエットと併用することでより効果を発揮するものがある

また、ダイエット効果以外にもデトックス効果などを目的としてもおすすめしたい

メリット

準備不要。手軽に始められ、ダイエット効果以外も見込める

デメリット

意志の強さが必要。継続することが大事なので頻繁に接待など自分で避けられない予定が入る人は難しい

向いている人

自分で食事の時間や方法を決められる人

 

 

運動を取り入れるダイエット

基本にして王道のダイエット方法である運動。筋力トレーニングによる基礎代謝アップや有酸素運動による脂肪燃焼によって痩せるダイエット方法

腹式呼吸をする「ドローイングダイエット」やライザップなど本格的なトレーニング、ホットヨガやジョギングと種類も豊富にあるため、好みを選び放題な上にダイエットだけでなくかっこいい体型を手に入れるのに最も効果的な方法

ただし、しんどい

メリット

減量以外に、理想的な体型も手に入れることができる上にストレス発散や承認欲求を満たすことも可能

食事制限がないものも多く、我慢の必要がない

デメリット

1日数分のものも多くあるが、基本的に脂肪燃焼には数十分の運動時間が必要と言われ「ダイエットの為の時間」を作る必要がある

屋外スポーツを選ぶと天候に左右される

向いている人

時間に余裕があり、ダイエットの為の時間を作れる人

ダイエット関係なく、スポーツや体を動かすのが好きな人

 

自分に合っていないダイエットをしようとしても結局途中でやめてしまいます!
これなら自分で続けられる!というダイエットを探してください
今の世の中とんでもない数のダイエットがあるので、必ず自分に最適な無理なく続けられるダイエットがみつかるはずです

ダイエットの敵を知る

ダイエットを阻害する敵を知っておきましょう

30代のおっさんには敵がいっぱい

ダイエットを阻害する行動

・睡眠不足
おおむね5時間以下の睡眠時間では、食欲をコントロールするホルモンの分泌バランスが乱れ、太りやすくなってしまいます
決まった時間にベッドに入るよう規則正しい生活をしましょう
・早食い、間食、偏食
早食いや間食、偏食は胃腸に負担をかけてしまうと同時に消化を阻害し太りやすくなってしまう
よく噛んでゆっくり食べ、決まった時間に食事をする習慣を身につけましょう
また、肉食中心や炭水化物過多などの偏食も問題。バランスの取れた食生活を心がけましょう
・日光を浴びない、外に出ない日がある
休日ぐらい家でごろごろしたいところですが、日の光を浴びない生活は代謝の低下を招く恐れがあります。反対に、日光を浴びることで脂肪がつきにくくなるといわれています
・デスクワークからくる猫背やタートルネック
猫背やタートルネックなど悪い姿勢は太りやすい体質になるだけでなく、肩こりをはじめ心身の不調の原因にもなります
姿勢を矯正することで基礎代謝の向上などのダイエット効果が期待できます
・飲み会の参加
減ったとは言え、夜の付き合いはサラリーマンには避けて通れない道。すべてに参加していてはいくらほかでダイエットに励んでも効果が出ません
今日からダイエットを始めて、理想の身体を手に入れましょう

コメント