仮想通貨NEM流出したら、好きなアフィリエイターさんが消えた。

Pocket

こんばんわINOXです!

被害総額580億円よりも盗まれた事実が痛いと…

仮想通貨のNEM580億園がコインチェック社から流出、未だ犯人が特定できないとか。
流出させてしまったコインチェック社は日本円で500億円の返金を約束しており称賛の声もあがっており、コインチェックの若き社長も許されるのか…。

もちろん答えはNO。結局のところセキュリティ上問題があったことは間違いないようでコインチェック社への批判は終わらないようです。

仮想通貨の盗難被害というとずいぶん前のマウントゴックス社のビットコインが有名ですが、それ以降小さい額でちょぼちょぼありました。
住信SBI証券の社長はコインチェック者の社長のガチギレしていましたが、対策を立てていないのは問題外なうえに、原因もかなりお粗末な内容…。

コインチェック社は新興の取引所ですが、国内で元々金融商品、要するに株為替を扱っていた証券会社も仮想通貨の取り扱いを始める。
国内でも仮想通貨での決済ができるお店が増えてる。
最近ではサッカー選手の移籍料にビットコインが使われたとかでかなり仮想通貨が一般にも浸透している中、こういった事件は消費者への影響が大きいのは言うまでもなく仮想通貨決済浸透への阻害要素でしかない。

今更になって金融庁が立ち入り検査に入るとかもうすでに遅すぎるわけで・・・

積み上げるのは難しくとも崩すのは一瞬というわけで、もし仮に万が一奇跡が起きて

①顧客への返金もでき、②580億もの盗難が返ってきたとして、③金融庁から(出されるであろう)是正命令も改善し、④その間の運転資金も切れず存続したとして

それでやっとスタートライン、顧客は戻るのか?これだけ取引所が乱立している中、どうですかねー。

アフィリエイターの霊圧が消えた

とかまぁ、ニュースで見る内容はこんなところですが私が言いたいのはそんなことではなく。

私がよく見てたブログのアフィリエイターの人。何名かいるわけですが仮想通貨取引のアフィもばんばん打ってます。それどころか自身の取引も記事にしたりで見ていて面白かったんですが・・・。

1月の半ばから更新止まってんだけど、逝ったの?

コインチェック社は死ぬほど大変ですが、仮想通貨の相場は死にました。文字通り。

一時200万を付けたビットコインは半額。赤札状態。それに伴って仮想通貨相場全体がお通夜状態でほんともう・・・。

最後の記事が仮想通貨取引所のアフィと億り人狙えんじゃね、的なあれだっただけに・・・。

ある程度影響力のある人たちだと思うので彼らの記事から仮想通貨の世界に飛び込んだ人もいるはずですが、いっちゃんあかん時期に突っ込んだ気がする。

元々そんなに更新頻度の高いものではなかったので、まだわかりませんが約1か月停止しているのは心配です。どうか無事であってほしいものですね・・・。

私もFX等投資はしていましたが、利益が出ているときの興奮を10とすると同額の損失のつらさはその3倍です。そして帰って来そうにない時の損失こそなぜか切れません。

それでは、合掌。

INOX

記事下AD



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする