【CBR250RR買取実例】バイクを売るならしっかり事前準備をしないと損

 

こんばんわINOXです!

今回はHONDAの最高傑作 CBR250Rを買取業者に売却したので、実例をご紹介します。

売却理由は皆様様々かと思いますが、私は保険更新のタイミングで毎年検討しています。

今年ついに2011年から6年間お世話になった愛車 CBR250R 2011年式 を売却しました・・・!

色々調べたので是非参考に。

バイクの買取相場って?

中古車を売ろう!と思ったときにまず何を考えますか?私はいくらで売れるのだろう、これにつきました。

取り合えず、ネットで調べると思ったよりしっくりくるデータがでない!ここでは買取業者さんからリサーチした相場の考え方を紹介します。

基本的には減算方式で考える

中古バイクの流れは大きく分けて4工程。ここの間に各媒体の利益がのってきます。

1.ユーザー  

2.買取業者

3.業者市(オークション)

4.販売業者

つまり減算(逆算)すれば大体の相場は見えてきますよね!

実際にCBR250Rの買取相場を探って見ましょう。

まずは、4.販売業者の販売価格を調べます。

バイクブロス 中古車販売 CBR250R 2011年式 走行距離1~1.5万キロで検索

ちょうど近しい感じのが支払総額32.2万円!ここがスタートです。端数きりますね。

4.販売業者 :32万円 販売価格
まず最初に差し引くのが法定手数料。車検なし(250cc以下)8万円、車検あり(250超)12万円程度見ていればOKです。差し引いた金額が純粋なバイクのお値段。

4.販売業者 :24万円 正味車体価格(▲8万)
ここで次に販売業者の利益を差し引きます。幅はありますが20~30%。この数字は最低見たほうが良いとのこと。25%で計算。

4.販売業者→業者市 :18万円 販売業者仕入価格(▲6万-25%)
業者市(オークション)というのは買取業者と販売業者の橋渡しをするところで、買い手・売り手から手数料を取っています。1万5000円づつ。合計3万円。

2.買取業者 :15万円 買取業者販売価格 ←MAX買取価格(▲3万)
どうでしょうか。もちろん個別状態によって左右されることはありますが、だいたいこんなもん。よく購入の3割といわれますが理屈あってのことなんですね。

 

それでも1円でも高く売りたい!

本題といえば本題!それでも1円でも高く売りたいというもの。もちろん限界はありますが買取業者には利益以外の要素があります。

売上高

日本は売上高至上主義なんですね・・・なぜなのか・・・。でも実際買取実績や売上高は業界規模を図る上で有用な情報です。

つまり、買取業者さんは取引回数を増やしたい!買いたい!というのが本音。そこでギリギリの向こう側に行く方法ががこちら。

一括査定です。同時に呼んじまえばいいんです。

一括査定の予約を同じ時間でしてしまってせーので価格を出し合わせればOK。これに尽きます。

私は4社同時に査定を依頼し、バイクワンさんが最高価格をつけてくれました。バイクワンさんの査定はこちら。

ポイントと手順

1.同時に呼ぶのは3~4社まで。逆に最低2社同時に行う。

2.最初の値段提示は話半分で聞く、必ず断る。値段開示は紙か何かに書いてもらって一斉に。

3.こちらから言わなくても相手から「いくらなら売りますか?」が出てくる。

4.上で出した買取相場より3万円ほど高く言ってみる。

5.最終提示と上の買取相場を見比べて売るかどうか決める。

もちろん買取相場より安ければ売らないのもOKですし、気にならない差額なら売ってしまえばOKです。

私の場合は、1回目9万円最高提示から15万5千円で最終でした。

 

何はともあれ一回見てもらうのがいいと思います。バイクの買取相場は走行距離と年式が1km1日でも短い方が有利なのは間違いありません。

これからのツーリングシーズン、ほんとにバイクに乗るか一度考えてみてはどうでしょうか?

 

 

INOX

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA