『悪の教典』の続編は出るのか?ネタバレ・解説【小説・漫画・映画】

Pocket

「悪の教典」をご存知でしょうか?上下巻物の貴志祐介先生の小説で、本当に面白いのでぜひ小説で読んでほしい。

活字が苦手な人は映画、漫画と展開されていますのでそちらでも楽しめます。

特に漫画版は原作に忠実でおすすめです。

「悪の教典」 貴志祐介

映画「悪の教典」は、2010年発刊の小説「悪の教典(上下巻) 貴志祐介」原作のサイコ・ホラー映画で興行収益10億円以上を記録しました。

前半はしっかりとしたサスペンスで、後半はパニック映画っぽい感じ。伊藤英明演じる、主人公の蓮実聖司のサイコパスっぷりが魅力的でかっこいい。

作中に登場するキャラクターはみんな魅力的なのですが主人公がどうしても際立つ。なんと言っても「蓮実聖司:twitter」の黒いかっこよさにしびれる
映画が公開された2012年当初はツイッターアカウントが話題になったりしましたが、現在は更新停止

ちなみに15禁のレーティング映画になっています。

結局、蓮実聖司はどうなった?(ネタバレ)

ネタバレ
終始生徒の人心を掌握し続け、完璧な先生を演じつつも犯罪を続ける主人公 蓮実聖司ことハスミン。最後は自分のクラスの生徒を皆殺しにしようとするも失敗。
ラストは逮捕され、法の裁きを受ける身になるものの自分の行った虐殺について、「年四組の生徒たちは全員悪魔にとり憑かれていて、神の意思で殺害した」と精神異常者を装い責任能力不能を主張するところで終わり、判決を含め「その後」については読者の想像に任せられています。

小説を読んで気持ちのいい読了感・・・はあるけど、続きが気になるよね?その後を想像しちゃうよね!?

映画では、最後に「To be continue」が添えられていて、続編への期待が高まります。

漫画「悪の教典」のラストは小説よりも先へ

漫画版は原作を忠実に再現してあり、楽しめます。

それだけでなく、漫画でのラストは小説では描かれなかった裁判の結果が描かれています。

小説のラストでも裁判について大弁護団が出来つつある、と一筋縄ではいかない展開をにおわせていました。

ネタバレ
漫画版で明かされるラストは、裁判の結果まで語られます。
裁判は最高裁まで続き、結果、禁固25年の判決が言い渡されます。

今回の事件だけでも自らのクラス37名の人間を殺害しているわけで、普通であれば死刑を免れ禁固25年の判決で済むはずはありません。

ということは精神の異常(責任能力無し)が認められたと推測されます。

そして漫画版最終ページには成長した(数年後?)の片桐の姿とともに、雨の中、横断歩道に佇む蓮実(のような)男性の姿が描かれており完結ではなく続編を期待させる終わり方でした。

マンガBANG!で「悪の教典」の漫画版が無料!

マンガBANG!人気漫画が毎日読めるマンガアプリ

マンガBANG!人気漫画が毎日読めるマンガアプリ
開発元:Amazia, Inc.
無料
posted withアプリーチ

マンガBANG!で漫画「悪の教典」が読めます!

(TOPページ下部⇒マンガBANGストア⇒悪の教典で検索)

小説版しか読んだことがない人は必見です。

映画「悪の教典」がAmazonPrimeビデオで無料!

AmazonPrimeビデオに悪の教典が追加されていました。プライム会員なら会員特典で無料視聴できます。

⇒AmazonPrime会員ならAmazonPrimeビデオで「悪の教典」が無料で見れます!

悪の教典の続編はいつ?

結局、映画・小説ともに続編の公開予定無し!

原作である小説「悪の教典」の発売から7年が経過していますがいまだ小説・漫画・映画すべて続編の告知どころか噂すらありません。

悲しい

大人気作品だけに、続編を期待したいです。

しかし、10年後に続編が出た小説もあるのでまだあきらめてはいけない。

記事下AD



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする